FC2ブログ
 
闇に包まれる事を選んだ孤高の踊り子★
2009-03-14 Sat 00:50
絵茶していたらうっかり日付が変わったので新記事をアプしますー。

--------------------

ここで新しい子!


「なんでそんなにアリアに纏わりついてくるの・・?アリアは嫌なのに。」

・ハブネーク♀/アリア
・まだ実在っ子ではないのですが、いずれ必ず実在化させます・・!タマゴ作る準備できてますしね!(ぁ
・年齢は19歳くらい。一人称は「アリア」
・物心ついたときから両親がおらず、孤児院育ち。年齢の割りに話し方が幼い感じ。
・今は踊り子として色々なところをふら付いている。
・本人には自覚が無いが、人を、特に男性を惹き付ける力がある。(技:ゆうわくが由来)
・…が、自分が嫌だと思った人にはストレートに「嫌い」と言ってしまう気難しい子。

すごく・・・暗い設定^^;いや、私は嫌いじゃないからこういう設定つけるんだけれども(ぉ
あと、デザインは仮のものです;もしかしたらこのまま本デザインになるかもしれませんが、少なくとも髪についている装飾品をもう少し考えたいかもです。
・・・とこんな感じなのですが・・・ど、どうですかね・・?
嫌な場合は断っていただいて結構ですので><;


----------------------

また本文は追記にきますー。
そして「続きを読む」ではジュゴン♂の現時点で決まっている設定をメモ目的で載せてみます。
ジュゴン♂/かきごおり
「はいはーい!今からこのもう少しで完成するお菓子たちに魔法をかけまーす!それで僕のお菓子はできあがり!」
「そうだねぇークールな男の子には甘さ控えめ、元気な男の子にはとびきり甘いお菓子を渡せば喜ばれるんじゃないかな^^あ、でも相手の好き嫌いは君達の方が分かるんじゃないかな?」
「よーし、フラン。このプリンは今から焼きプリンにするんだ。かるーく炎の魔法を・・・って熱ッ!!


陽気な性格、好奇心が強い。
年齢:20歳以上予定
設定:
・お菓子屋の店長さん。腕はちゃんと勉強してきたので結構良い方。
・お店の定員さんにドダイトス♀の姫菫
・↑妹みたいに接している。
・「お菓子作り=魔法」という公式が頭の中にあるらしく、いつもお菓子を作るときは「お菓子を作る」ではなく、「魔法をかける」と言う。若干謎。
・作業中は細かい作業も含まれている&視力が低いので眼鏡装備。
・自分は水と氷の魔法しか持ってないとのことで、焼く&乾燥のお手伝いをしてもらっている相棒の原型リザードン♂/フランがいる。
・↑で、自分もたまに焼かれる。
・自分がバレンタイン生まれであるところから、バレンタイン間近で悩める女の子達の強い味方になりたいと思っている。
・常に新しいお菓子を生み出そうと研究もしている。好奇心の強さから色々な食材を使って試してみる事も。
・実は物凄いオンチ。過去にぶっ倒れてしまった人もいる。(滅びの歌)
・↑自覚無し。なので、気持ちよく歌おうとしている時に必死で止めてくる人の気持ちが理解できていない。

絡みメモ:
べべちゃん宅→
トドゼルガ♂:凍氷くん
ジュゴン♀:水琴ちゃん
るりんちゃん宅→
ジュゴン♀:フェンネルさん
安曇さん宅→
ヒノアラシ♂:ヨウくん
別窓 | 過去記事 | ∧top | under∨
| 望遠鏡の向こう側 |