FC2ブログ
 
我が子はいずこへ [★]
2009-07-19 Sun 16:30

前にちらっと出てきたオデット母さん。
描くたびに若く見えているのはしかたないですね、私の技量が足りないんだよ!
代々、ドールショップは未知の家系です。

***

昨日は絵茶室に篭っていたらToyさんが来てくださいました!
途中でいきなりチュウしちゃったり、絡み沢山いただいたり、タカミンに追い出されたり・・・^p^
でも結果凄く楽しかったと!良いところでタカミンに追い出されたけど!(しつこい
白護に春が来たかもしれません・・・いや、私の中では来ちゃったんですけど(←
雅歌にハイテンションなお友達ができたり、白護とは漫才みたいなやりとりになるなぁとか思っててすみませんでした^p^
もっとお話したかったなぁ・・・タカミンが追い出ししなけれb(ry

***

来た

8時くらいまでべべちゃん宅の絵茶会に参加させてもらってました。
24歳の人たち何あれ・・・妄想たくさん出てくる・・・!
しかしあれです。お2人が本気のカップルに見えてすみません・・・^p^
紅司は気を遣って若干1歩下がったりしてそうです^^^^しょうがないよ、草食男子だもん(何その理由
そして幼馴染さんに嫉妬フラグ?(←
それにも気付かないおバカさんには楽しいお説教をたっぷりさせようと思います。
とりあえず今日お話で出てきたネタの中から落書きとかして物質化させるかもしれない。
とにかくありがとうございましたーっと^^

***

後はダイヤの方で白護の実在化計画をば。
一昨日からやっててようやく良い感じの性格が出てきたので努力値割り振って、あとはレベルを上げるだけです。
技構成も結構凝ったつもりです・・・拡声器使いだから音系の技とかね^^後はヤンキーだからそれらしいものとか。
普段はヤンキーですが、とある方の前になると純情系になれば良いです。なんていうか青春青春って人の恋をプッシュするくせに、自分の事になると奥手になるというか。昨日生まれた設定です。絵茶で(←
黒斗の方は既に実在化してるのですが、どうしても覚えさせたい技がタマゴ技なので再度チャレンジしようかと思ってます。

***

漫画でチュウ(なにそのタイトル)ありがとうございます!
ちょっと前に「誰かを借りるかも」という話が出てて、こっそり楽しみにしてましt(ry
わああああ!黒蛇さんとアルニコ!!黒姫さんと仲良くなりたい作戦ですね!
って薬www毛むくじゃらな怪物wwwやることが徹底すぎますね!(笑
黒蛇さんに幸あれです・・・!でもアルニコもアルニコで黒蛇さんが黒姫さんと仲良くなれるように色々試行錯誤始めそうですww
そして勝手ながら幼女さん達と黒姫さんの方も拝見いたしまして・・・!
ちょww黒姫さんとんだ眼鏡ザング違い(笑
黒姫さんからすれば眼鏡ザングと言えば白帝さんしか存じてないから仕方ないですよねー^▽^
とにかくありがとうございました!!ほ、保存ってさせてもらっても宜しいでしょうか・・・?
>佐々さん

***

のおおBちゃんへの電波はまた今度ですみません・・・ためすぎですね・・・!明日早起きしなくちゃとか嫌^p^(
その代わりに午前中にアプした着せ替え企画第2弾を追記に置いておきます・・・!
女装男装率が激しく上昇したのでそういうのが平気な方のみどうぞです><

【ザンハブで服入れ替えしちゃいなYO企画】

●○手順
1、紙とペンを用意し、アミダをつくる。
2、上には着る人の名前、下には着る服の持ち主の名前を記入。
3、アミダの横線をやたら引く。
4、お茶を飲む
5、レッツアミダ!!

●○結果
今回はこんな感じ。

着ている人→着ている服の持ち主で・・・

雅歌→白護
アリア→黒斗
エフィム→アリア
白護→雅歌
黒斗→紅司
漆月→エフィム
蛇玖→漆月
紅司→蛇玖

ということになりました。
アリアの服は男性キャラにすれば地雷も同然だってことがようやく分かりました(←
絵は1枚のキャンパスに2人1組で描いたので、ちょっとまとまりがない絵になってしまいました^p^

まあ、また無駄に会話をさせてみます

***

●○アリア&雅歌
アリア「雅歌・・・これってちゃんとあみだくじやったの・・・?」
雅歌「そうみたいだけど?」
アリア「じゃあどうしてアリア達こんな上手い具合に白護と黒斗の服を引き当てたんだろうね?」
雅歌「それもあみだくじの力なんだよ!(?)」
アリア「そっかぁ・・・そうだね」
雅歌「それよりさ!いつもの衣装と違ってなんか動きやすいよね!」
アリア「アリアはこの長いひもがちょっと気になる・・・」
雅歌「私これやってみたかったんだー!拡声器!!」
アリア「何を話すの・・・?」
雅歌『美味しい水羊羹が食べたーい!!!』
アリア「・・・水ようかん?」
雅歌「食べたかったから^^」

●○エフィム&白護
エフィム「ふーやれやれ。残酷なものですねぇホントに。」
白護「前回で紅司だけ女装してるとか言ってたら俺らにも当たったしなー。の割にはアンタにやにやしてるけど嬉しいのか?」
エフィム「にやにやだなんて人聞きの悪いですねぇ。紅くんみたいに女装になったから凹んでいるから、弄られる種になるんですよ。むしろ此処は開き直るべきです。」
白護「それもそっか。」
エフィム「(まあ、ちょっとアリアさんの服となると腰の辺りの露出が気になりますけどね・・・)」
白護「雅歌の服って和服だけど、あんまり和服っぽくないよなー丈が短いっていうか。」
エフィム「似合ってますよ^^」
白護「まじか!じゃあ今度の文化祭でこれでクラスの催し物アピールしてくっかな。」

●○黒斗&漆月
黒斗「あーあー白い服は落ち着かねーな。眼鏡も度が入りすぎて目死ぬ。」
漆月「やかましい男やねぇ。」
黒斗「∑うおっ!なんかアンタが洋服着るとやっぱり不自然だな・・・」
漆月「遠まわしに大和撫子って言ってくれてるんか?おおきにv」
黒斗「(”歪んだ”大和撫子な・・・)なんというか、裏の仕事得意そうなそんな感じ。」
漆月「それは褒めとるんか?よくわからへんけどとりあえず”歪んだ”は大きなお世話やね。」
黒斗「(なんで分かったんだよ・・・!!!)」

●○蛇玖&紅司
蛇玖「わーい女の子の服だぁー和服って1度着てみたかったんだよねぇ。ねえねえ、こういうの似合う人って”ヤマトナデシコ”って言うんでしょー?」
紅司「・・・」
蛇玖「ねえ、聞いてるー?」
紅司「・・・あ、あぁ。」
蛇玖「足細いから?紅司くん、それ僕が着るより似合ってる気がするー。その服いくつか持ってるし、あげようか?」
紅司「∑えええ 遠慮するよ・・・蛇玖の方が似合ってるし・・・。」
蛇玖「もしかして女の子の服引き当てたのが嫌だったぁ・・・?」
紅司「・・・俺だけ1回目も2回目も女装だからな・・・(涙目」
蛇玖「女装は悪い事じゃないよ!(力説」
紅司「お前は良いんだろうけどさ・・・あぁ、まぁいいや・・・(苦笑い」

***

アリアが何かケンカさせたら意外に強そうな子に見える・・・^p^
でもってエフィムはこの格好でも堂々と仕事してそうですね。それでお店に来てくれたお客さんが唖然としたらしてやったりみたいな顔して。
蛇玖が手を前に持ってきちゃったから着物の模様が殆ど見えない・・・!
黒ずくめな紅司はやっぱり白髪が浮いて見えますね^p^

足の太さが左右で違ってたりとか後々見ると大変な絵ですね^p^
しかし紅司は足細くし過ぎたと思ってます。
この絵で黒斗が実は身長が低めだということがバレました^^^^


終われ\(^o^)/
別窓 | 過去記事 | ∧top | under∨
| 望遠鏡の向こう側 |